So-net無料ブログ作成
検索選択

カルミナ・クァルテット Carmina Quartet [弦楽四重奏団]

 やはりこのSQから書こう。カルミナ・クァルテット。今日、彼らのレコーディングを担当したB氏と電話で話した。「…でも、カルミナQを初めて聞いたときのインパクトには及びませんよね。」と彼がぽつりと言った。ここにも、何を聞いてもカルミナと比較してしまう仲間がいた。

 初めて地方の公演ツアーの付き人をしたのが、カルミナQだった。舞台袖で、毎晩のようにシューベルトの「死と乙女」を聞き、以来、他のSQがこの曲を弾いても、耳の奥ではカルミナQが鳴っている。
 この6月、亭主がルガーノで久々に彼らの演奏を聴いてきた。「死と乙女」と第15番。
 彼らは確実に前に進んでいたという。40代後半から50代にさしかかった彼らが、弦楽四重奏団として、最良の年にさしかかっていることは間違いない。
 聴きたい、今聴いて欲しい時なのだ。
 モーツァルトのハイドン・セットがまもなくクラーヴェスの録音で出る。それを心待ちにしつつ、でも本当は、そこで弾く彼らを聴きたい…。

データ:(追って充実させていきます)
現在のメンバー:マチアス・エンデルレ、スザンヌ・フランク、ウェンディ・チャンプニー、シュテファン・ゲルナー
結成/1985年、だったかな。
メンバーチェンジ/88年初来日直後に第2ヴァイオリンが交代。以来そのまま。
本拠地/スイス・チューリヒ
スクール/アマデウスQの直系のひとつと位置づけたい。マチアスはメニューイン・スクールの逸材でもあった。
受賞歴/第1回のボルチアーニコンクールの1位なし2位。これは当時大スキャンダルだった。いつかそのうちちゃんと書きます。
最近の活動/


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

なぜセラー? [クラシック音楽]

 勢いでつけてしまいましたけれど、もうひとつやっているブログが日記風とすれば、こちらは情報カード風にしようかなと思っています。
 更新は1週間から10日に1回程度にしますが、ここでは、各地の弦楽四重奏団の紹介や情報を載せていくつもりです。
 さて、どこから始めるかな…。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。